0才の時

西伊豆・堂ヶ島日帰り旅行 〜その2〜

義妹のビーグル小麦君との初顔合わせを兼ねた、西伊豆・堂ヶ島日帰り旅行 〜その2〜

 

 

 

まさかの「堂ヶ島・青の洞窟」遊覧船の欠航により、35℃の猛暑日の中、午前中は歩いて洞窟巡りや岩畳巡りをした。

すっかりバテた御一行は、お腹もすきお昼休みを取ることに。

地元の海鮮料理を堪能しようと、堂ヶ島マリンから徒歩50mの所にある「堂ヶ島食堂」へ

 

 

ここのお店、客席は2階なんだけど、ペット連れ専用ルームが1階に設けられていて、エアコンが効いた貸切ルームとなり、まさかの嬉しい展開となった。

ペット連れなので、暑い中でのテラス席とかを覚悟していたので、かなり嬉しいお昼休みとなった。

地元の新鮮な魚介満載の海鮮丼、刺し身定食等を涼しい中でゆっくり堪能し、小麦君もマーチも涼しそうで何よりだった(^^)

さて、腹ごしらえも完了し、午後は「堂ヶ島のトンボロ」に向かった。

「堂ヶ島トンボロ」とは、堂ヶ島にある「三四郎島」に向かって、干潮時のみに海の中から現れるは道を渡れる現象で、日本でも大変珍しいもの。

毎日必ず道が現れる訳では無く、運の要素もあって、この日は午後1時頃に海の底から綺麗な道が現れていた。

 

 

午前中の遊覧船欠航という不運から、トンボロ歩きのラッキーを思う存分楽しんだ。

 

 

 

大きな石がゴロゴロしてる道で、足元を気をつけながら歩く必要があるが、午前中は海の底だった道を歩くのは、ある意味神秘的でメッチャ楽しかった。

ビーグルの小麦君は、この石がごろつくトンボロ道をぐんぐん歩いて行く。

やっぱりビーグルって、本格的な猟犬だけあって、アクティビティ向きの身体能力の高さに驚かされた。

 

 

マーチはというと、もちろんこんな道を歩けるはずもなく、綺麗な海を眺めながら抱っこバックにしっかり収まってた(笑)

 

 

さて、「堂ヶ島トンボロ」も満喫できたし、次は小麦君とマーチを遊ばせられる、浜辺にでも行ってみようか♪

その3に続く・・

 

クリックするとマーチが喜びます(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ